BIOGRAPHY & DISCOGRAPHY | プロフィール・作品

BIOGRAPHY

ハービー・ハンコックのベーシストで有名なポール・ジャクソン氏の日本でのロードマネージャーを約10年勤め、2011年にベース&ボーカリストとしてデビュー。2012年、ソロアルバム「POWER」を発表。同年8月に祇園pickupプロデュースのアルバムリリース記念イベント「THE POWER FROM KYOTO」を開催。ドラムに元もんた&ブラザーズのマーティ―ブレイシー氏、キーボードに岩井ロングセラー氏、ギターはNomasa氏が担当、スペシャルゲストにゴダイゴのミッキー吉野氏を招き大きな反響を呼ぶ。翌年6月には祇園pickupプロデュースによるバースデーライブを開催、ゲストにミッキー吉野氏、師であるポール・ジャクソン氏を招き大盛況を博す。自身の音楽活動の傍ら、サポートミュージシャンとしての活動や、ミュージックマネジメントの分野まで多岐に渡り活躍の場を広げる。2016年、セカンドアルバム「GEAR CHANGE」を発表。

DISCOGRAPHY

POWER

CD「GEAR CHANGE」

マーティ・ブレイシー監修。2016年発表のセカンドアルバム。ゴダイゴのミッキー吉野氏書き下ろし曲「いのり」を収録。全10曲 / 3,000円(税込)
【ディスクユニオン】 詳細・購入ページ
【amazon】 詳細・購入ページ
【楽天】 詳細・購入ページ

POWER

CD「POWER」(2012)

オリジナル曲にChar氏の「波」を加えた2012年発表のファーストアルバム。
全8曲 / 2,000円(税込)

PAGETOP